大浦天主堂

2018年6月30日、第42回世界遺産委員会にて、

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」

の世界文化遺産登録が決定されました。

 

日本でキリスト教が禁じられた時期に、

民衆が200年以上にわたり独自に信仰を継続した

歴史が世界遺産にふさわしいと評価されました。
長崎県内の世界遺産では、「旧グラバー邸宅」など

長崎市内の8施設を含み、2015年に登録された

「明治日本の産業革命遺産」

に次いで2件目となります。

世界遺産:出津教会堂(当館から車で約35分)

これを記念いたしまして当館では

スペシャルプランをご用意いたしました。
当館は今回登録された長崎市内3つの教会堂の

中間地点(大浦天主堂と出津教会堂・大野教会堂)に

位置しており、世界遺産巡りに便利なスポットです!
新しい世界遺産を巡る際は、ぜひ当館をご利用ください♪

世界遺産:大野教会堂(当館から車で約45分)

<<観光順路の一例>>
【大浦天主堂・グラバー園】

↓↓↓

車で約25分

↓↓↓

【当館】

↓↓↓

車で約35分

↓↓↓

【外海の出津集落(出津教会堂)】

↓↓↓

車で約12分

↓↓↓

【外海の大野集落(大野教会堂)】

■特典■
・グラバー園の入園チケット

 

◆ご予約はこちらから◆

祝★世界遺産登録決定★長崎の潜伏キリシタン関連遺産とグラバー園を巡ろう◆グラバー園入園チケット付
祝★世界遺産登録決定★長崎の潜伏キリシタン関連遺産とグラバー園を巡ろう◆グラバー園入園チケット&朝食付